ゴルフナビゲーター紹介(会社概要)

ゴルフナビゲーター紹介(会社概要)
ウェブサイト名 ニュージーランドゴルフ紹介サイト
New Zealand Golf Course
会社名 SEKATABI Limited
ゴルフナビゲーター 佐井恭司(さい・きょうじ) – Kyoji SAI
ミッション 私たちのミッションは、
人々に感動をもたらすことです。
ビジョン 私たちのビジョンは、
ニュージーランドのゴルフ体験について
一番の提供者になることです。
メールアドレス info@nzgolfcourse.com
ニュージーランドゴルフのお問合せ・ご相談は、
こちらのフォームをご利用ください
所在地 23 Maple Street, Avondale, Auckland 1026, New Zealand
電話 日本から)+64-21-0696-476
時差が4時間(4~9月は3時間)あり、日本が正午のとき、ニュージーランドは午後4時(または午後3時)です。
ニュージーランド国内から)021-0696-476
スカイプ nzgolfcourse
ログインできていないことありますので、事前に通話ご希望時間をお知らせいただけますでしょうか。スカイプログインしておきます。
サービス内容 ニュージーランドゴルフツアーの企画
ニュージーランドゴルフ場の予約・手配
ニュージーランドゴルフ場への送迎
ニュージーランドのゴルフ場での同行プレー(コース案内)
ニュージーランドの観光サービス

ナビゲーター紹介

ニュージーランド
ゴルフナビゲーター
佐井恭司(さい・きょうじ) – Kyoji SAI
ニュージーランドゴルフを紹介しています。
夢・目標 もっと多くの方に、ニュージーランドの自然環境に囲まれたゴルフ場でプレーしていただき、ゴルフをもっと好きになっていただくことです。それは、異なる文化習慣のゴルフをお楽しみいただくことで、「スコアアップ」以上に魅力がある「体験」を得られるからです。ゴルフ場の細かな心配りは日本と比べて足りないところもありますが、気軽にゴルフができること(ゴルフをはじめられること)はニュージーランドゴルフの大きな魅力です。ぜひ、存分にお楽しみください。
生年月日 1972年12月7日生まれ
(片山晋呉選手、宮本勝昌選手、横尾要選手と同学年)
出身地 兵庫県神戸市垂水区
(日本出国時は、神戸市東灘区)
出身校 東海大学(湘南校舎)工学部電気工学科
1993年度 体育会ゴルフ部 主将
資格 ・総合旅行業務取扱主任者/日本旅行業協会
・総合旅程管理主任者(添乗員)/日本旅行業協会
・ニュージーランド Passengerライセンス(日本の第二種運転免許に相当します)
ゴルフ以外で
熱中していること
7歳の息子と遊ぶこと。
ようやく子供用ゴルフクラブを振れるようになりました。一緒にラウンドできる日が楽しみです。
そして、オークランドで、美味しい料理が食べられるレストランを探すこと。また、自分好みのワイン(甘めの白ワイン:リースリング、ゲヴェルツェマイナー、赤ワイン:シラー)を見つけるためのワイナリーめぐりも好きです。
尊敬する人 実家にいる父。言葉よりも行動(父の背中)でいろいろなことを教えてくれました。実家にいる母。家族観、仕事観、ことあるごとにいろいろな話を聞かせてくれました。基本としている価値観は両親から受け継いだと思っています。
高校卒業後、実家を離れましたが、離れて気づく親のありがたみ。現在ニュージーランドで生活をし、自分にも子どもができたことで、親が自分を育ててきてくれたことの尊さに気づき、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、奥さん。奥さんと2000年に出会ってから、自分の感情に素直になりました。やりたいことを見つけることができ、チャレンジできるようになったことも、奥さんのおかげです。
初ゴルフ歴 初ラウンドはゴルフ部に入部した大学1年生(1991年)。写真は、日本の女子プロトーナメントのキャディアルバイトの際に出会った、やがて女王となるアニカ・ソレンスタム(当時は、美人という印象が強かったですが、やがて女王となり、力強くなっていった気がします)。
生涯ベストスコア -3 (68) – Clarks Beach Golf Club, Auckland, New Zealand – in 2016
-2 (70) – Long Island Country Club, Melbourne, Australia – in 1999
ニュージーランドでの
ハンディキャップ推移
3.5(2017年1月1日現在)
3.7(2016年1月1日現在)
6.7(2015年1月1日現在)
4.9(2014年1月1日現在)
5.3(2013年1月1日現在)
5.0(2012年1月1日現在)
5.0(2011年1月1日現在)
4.5(2010年1月1日現在)
7.2(2009年1月1日現在)
ニュージーランドに来てからの年間ラウンド数 18回(2016年)
24回(2015年)
29回(2014年)
39回(2013年)
24回(2012年)
23回(2011年)
38回(2010年)
20回(2009年)
31回(2008年)
31回(2007年)
一度はプレーしてみたい
憧れのゴルフ場
マスターズの舞台となるオーガスタナショナル
ニュージーランドにある
お気に入りのゴルフ場
カウリクリフス(北島ケリケリ)
ガルフハーバー(北島オークランド)
キンロック(北島タウポ)
ジャックスポイント(南島クイーンズタウン)
ゴルフ座右の銘 ゴルフをしない人の前でゴルフの話をしない
一番嬉しかったラウンド オールスクエアで迎えた18番ホールでバーディを獲って1アップ勝ちし、チーム勝利に貢献できた大学対抗戦マッチプレー(1992年)
ゴルフの楽しみ ベストスコアを更新できるかどうかの期待感。自分の中ではそういうことがあります。
それ以上に楽しみにしてることは、ゴルフが好きな方とプレーしている時間です。ゴルフ場のレイアウトについて語り合ったり、自分に合うゴルフクラブについて話し合ったり、そうしたゴルフ談義をしている時間が楽しいです。ゴルフ以外の話をして見聞を拡げられることも、ゴルフで親しくなれているおかげかもしれません。はじめて訪れるゴルフ場であっても、そこで地元の方とご一緒にプレーできる時間は、とても刺激的です。
私にとってゴルフとは 人生を有意義に過ごすための術を学ぶ場
ゴルフで大切にしていること 同伴プレイヤーが不快に感じることをしないこと
ゴルフの目標 大目標:
2042年12月6日まで(69歳)にエイジシュートする
中目標:
2018年1月1日、ハンデ2.9以下になる
小目標:
週7日ストレッチを5分以上行う

こうしてニュージーランドにやってきました!

ニュージーランドにはじめて入国したのは、2006年11月のことでした。日本からではなく、アジアからの入国でした。

当時、私と妻は、海外で暮らすことができる場所を探すために、二人で世界旅行をしていました(世界旅行の様子は、こちらのウェブサイト「世界一周旅物語 – せかたび」で紹介しています)。

ヨーロッパやアジアを中心に48カ国、1年半ほど大きなリュックサックを背負って世界を巡っていました。しかし、ビザの取得はなかなか難しく、ヨーロッパ諸国での取得をあきらめた次の候補地がニュージーランドでした。理由は次の3つです。

(1)英語圏であること
(2)私も妻もワーキングホリデーでオーストラリアに一年滞在したことがあり、オセアニアの印象が良かったこと
(3)移民でも永住権が取得しやすいという情報があったこと

ニュージーランドでの永住権取得を目標に、ニュージーランドに入国しました。

入国後は、ご縁をいただき、会社勤めをすることができました。そこでニュージーランドでの経験を積み重ね、やがてニュージーランド永住権の取得という目標を達成し、現在に至っています。

ゴルフが大好きで、世界各国のゴルフ場を巡りながら、いろいろな国のゴルフ習慣に触れていたのですが、ここニュージーランドのゴルフ習慣も魅力的なものでした。ニュージーランドを代表するゴルフ場をプレーしていく中で、日本と比べてプレーがしやすいゴルフ環境であることを感じます。日本のゴルファーの方々にも、ゴルフ天国と言われるニュージーランドでのゴルフを楽しんでいただきたいと思い、こうして皆さまのサポートをさせていただく機会をいただいております。

クラブセッティング 2017


アマチュアの身としては、頻繁にクラブを買い替えることはできないので、基本的に自分に合ったモデルをよく調べてから購入します。
ドライバーのこだわりは、構えやすいヘッドと振りやすいシャフト。最近は様々なシャフトが試せるようになったので、自分に合うシャフトを見つけていきたいです。
アイアンのこだわりは、トップブレードの細さといったシャープな顔つきと打感。キャビティアイアイのほうが精度は上がる気がしますが、打感も楽しみたいと考えています。
ウェッジのこだわりは、フェイスの開きやすさ。
パターのこだわりは、シャフトの長さ(35インチ)と引っかけのイメージがないこと。
最近は、中古モデルを手に入れやすくなっているので、評判のよいクラブを試していきたいです。

ドライバー タイトリスト 913D(9.5度)ランバックス55(藤倉ゴム工業/55g/S)
快晴無風として、飛距離およそ260ヤード。ゴルフをはじめたころはパーシモンのドライバーを使っていました。社会人になってからもオーダーメイドで作るほどパーシモン好き。なかなかチタンドライバーに手を出せなかったのですが、デービスラブⅢもチタンに換えたと知り、ついにタイトリスト983Kを使用。2008年10月、タイトリスト905Rに買い換え。2011年4月、白ドライバーR11に挑戦しましたがシャフトが合わず。2012年1月に使っていたピンG10も悪くはなかったですが、もっとシャフトを軽めにしようと、2013年12月からこのタイトリスト913Dを使っています。打ち方に問題があり、弾道が高く上がりすぎることがあるので、アゲインスト対策として低弾道ボールを打てるようになることが課題です。
フェアウェイウッド タイトリスト 913F(15度)ランバックス55(藤倉ゴム工業/55g/S)
913ドライバーの相性がよいので、ドライバーと同じスペックにしたく、2014年1月から使用開始。ティーショットでもフェアウェイからでも扱える満足のスプーンです。
ユーティリティ
(ハイブリッド)
タイトリスト 913H(19度)NSプロ950GH(S)
長年、タイトリスト585Hを使用してきましたが、シャフトの太さが気になっていたこと、ドライバーやスプーンと同じ系統にしたかったことで、2016年から使用開始。タイトリストはヘッドのウェイトを自分で換えることでバランス調整できますが、最軽量のウェイトよりもさらに軽くしたかったので、ウェイトを外して「ろう」を埋め込み、軽めのバランスで使用中。
アイアン タイトリスト MB712(3-PW)/ダイナミックゴールド(S-300)
初代アイアンは、大学時代に購入したマルマンコンダクター(31EX)。二代目は、社会人になった22歳から15年使用したホンマ(PP727)。三代目は、中古ヘッドを購入しDG-S200を組み合わせたミズノMP33でした。
2016年から四代目として、このタイトリストMB712を使用開始。S300シャフトは、それまで使っていたS200よりも硬くなるので、使いこなせるか心配でした。しかし、ミスヒットしてもシャフトが暴れてしまう感じが少ないので気に入っています。
ウェッジ タイトリスト ボーケイウェッジ(52度、58度)
52度ウェッジのフルショットで105ヤード。それ以内の距離も、ほとんど52度でカバーしています。もっとも頻度が高いのはグリーン周りのチップショット。落下点とランのイメージが沸きやすいので助けてもらっています。
クリーブランドウェッジと悩みましたが、プロ使用率の高さに惹かれて中古ショップで購入して愛用しています。
パター オデッセイ ヴァーサ#1W ホワイト 35インチ
2013年12月に訪れたキャロウェイの「オデッセイパットラボ」で自分のパッティングスタイルを診断してもらい、納得のいくパター選びができました。そして、グリップはJOPグリップを使用。グリップがヘッドの中心を向くようになっており、ストロークの安定性が見込めます。入らなくてもパターが原因とは考えられない100%満足のパターです。
ボール タイトリスト V1
ドライバーの飛距離よりも、アプローチでのスピン量とパット時の打感にこだわっています。以前は、V1xを使っていましたが、現在はやわらかめのV1を使用しています。
消耗品であるゴルフボールですが、日本よりニュージーランドのほうがゴルフボールの価格が高いので、日本一時帰国すると、買ってニュージーランドへ持ってくるようにしています。ゴルフボールに限らず、商品の品揃えは日本のほうが豊富ですね。

ニュージーランドゴルフナビゲーターへのお問合せ

ニュージーランドのゴルフのことならニュージーランド在住10年のゴルフナビゲーター佐井恭司(さい・きょうじ)にお任せください。ゴルフ場予約やゴルフ場への往復送迎はもちろん、ご希望の滞在日数にあわせたオーダーメイドプラン作成、オークランドでの同行プレーもサポートしております。

ニュージーランド ゴルフガイドブック