ニュージーランドゴルフの特徴

ニュージーランド入国と検疫について

食べ物の持込み制限など、ニュージーランドの検疫事情をご理解いただけます。

入国に際して

ニュージーランド 基本情報 入国カードニュージーランドの玄関口、オークランド空港国際線ターミナルに飛行機で到着し、ターミナルへ移動後、入国審査の前に「ニュージーランド入国カード」に必要事項を記入しなければなりません。「ニュージーランド入国カード」は、ニュージーランド航空はじめ機内で手渡されます。

ご旅行プラン確定後のお客さまにはご渡航前に「入国カード」の記入方法をご案内いたします。

持ち込み制限

ニュージーランド 基本情報 検疫オークランド空港での入国審査(NZeTA普及後、パスポートを自動ゲートにかざす入国審査方法が適用されています)後、手荷物を受け取ったら、税関・検疫に進みます。
ニュージーランドでは、特有の環境を守るため、持ち込みが禁止もしくは制限されている物品があります。検疫上、何らかのリスクに関連するものはすべて、自主的に申告しなければなりません。主に注意が必要なのは、食品、植物、動物製品、アウトドアレジャー・スポーツ用品などです。

手荷物は探知犬やエックス線検査機などで調べます。リスクにつながる物品がないか、荷物を開けて係員の検査を受けるよう指示されることもあります。

罰金(400~100,000NZDの罰金、もしくは5年以下の懲役)や没収などの事態を避けるためにも、持ち込み禁止・制限について事前に把握しておきましょう。下記、ニュージーランド第一次産業省(バイオセキュリティ)の動画もご参照ください。

ニュージーランドバイオセキュリティ動画(日本語字幕付き)

申告する必要があるもの

肉類 卵を使用した製品(インスタント食品を含む) 乳製品(子供用の粉ミルクなどを含む) ハチミツやハチミツを利用した製品
種子・種(とうもろこしを含む)、またはこれらを含む製品(米や麺類を含む・食用を含む) ナッツ、スパイス、ハーブの類 乾燥、調理済み、缶詰・袋詰め(真空パックなど)などの、野菜 果物 (生・冷凍・ドライフルーツを含む)
植物(ドライフラワー、種、球根などを含む) 竹・籐・藁等を使った製品 木材や植物を利用した、製品・工芸品 植物の種子
ハーブ、薬草の類を使った、薬品、製品、芳香剤、一般的にアロマ製品と言われる物の類 微生物・菌等(乳酸菌食品・飲料及び研究用を含む全般的な物)

動物・昆虫 動物・昆虫を原材料とする、製品(漢方薬を含む)
貝殻・珊瑚、またはこれらを利用した製品 動物の皮・毛皮・羽を利用した製品 動物の卵 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)で、取引の禁止されている物
釣具 水槽やアクアリウムの設備・道具・備品一般 海草・水草の類
使用済みのキャンプ用品(靴を含む) スパイクのついた靴 ニュージーランド国外の土壌に接触した物で、その土壌が付着して残っている物 堆肥・肥料やその類
動物用の道具類 車両 海上を含む水上スポーツ用品 絶滅危惧されている生物
10,000NZD相当以上の、現金(相当の金品を含む)

持ち込み禁止のもの

生卵 ハチミツ(関連商品を含む)
麦やわらややしの葉などで作られた工芸品 生きた動物、魚・鳥・昆虫を含むペット
珊瑚・べっ甲・象牙およびそれらを使用した工芸品 生物、有機培養物など
生の果物 生の野菜
「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」で取引を禁止制限されている物

ニュージーランド免税範囲

ニュージーランド 基本情報 免税ニュージーランド入国に際して、17歳以上の旅行者であれば、一定の範囲で酒類・タバコ類を免税で持ち込むことができます。

  • スピリッツやリキュール類(ウイスキーや焼酎など)は、1本まで(1125ミリリットル)
  • 日本酒を含むワイン類やビールは、4.5リットルまで
  • 紙巻タバコは50本、刻みタバコは50グラム、葉巻は10本(1本10グラム)まで。

免税範囲を超えた場合の課税額

ニュージーランド 基本情報 たばこ紙巻きタバコでは、1本当たり<0.65NZD + GST>が関税として課税されます。
例えば、1カートン(200本)を持ってきた場合、免税範囲の50本を超えた150本に関して、<1本当たり0.65NZD x NZ$97.00 + GST>の関税が課税されます。愛煙家の方は、十分ご注意ください。

「ニュージーランドゴルフの特徴」その他の記事一覧

ニュージーランド 基本情報

ニュージーランドの基本情報

平均気温・降水量・服装(北島) ニュージーランドは、国土が海に囲まれているため、一年を通じての寒暖の差はそれほどありませ...

ニュージーランド 入国 観光 NZeTA

NZeTA – 「ETA(電子渡航認証)」と「IVL(国際観光税)」

2019年10月からニュージーランドへの入国に際しては、『NZeTA(電子渡航認証)』が必須となりました。また、IVL(国際観光税)が...

ニュージーランドでの紫外線対策

紫外線対策

ニュージーランドの紫外線は日本よりも強い ニュージーランドで太陽にさらされながら数時間過ごしていると、あっという間に日焼けします。もちろん、ゴ...

ニュージーランドの気候と気温

ニュージーランドの気候と服装アドバイス

ニュージーランドは南半球 ニュージーランドは南半球であるため、日本とは反対の季節です。つまり、日本が夏の時期はニュージー...

ニュージーランド ゴルフの特徴 レンタルゴルフクラブ

レンタルゴルフクラブ事情

ゴルフクラブを持って来なくてもゴルフはできる! ニュージーランドでゴルフをしようとお考えの場合、日本からゴルフクラブを持ってくるのではなく、ニ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 カート

乗用カートと手引きカート

プレイヤーで異なるカート利用のスタイル ニュージーランドのゴルファーは、手押しカートや手引きカート(Push cart/Trundler)でプ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 靴裏の清掃

持参される靴はお手入れ必須

ニュージーランドの厳しい検疫対策 ゴルフクラブやゴルフシューズは、あらかじめきれいに洗い、芝や泥がついていない新品に近い状態でニュージーランド...

ニュージーランド ゴルフの特徴 スパイクレスシューズ

ソフトスパイクシューズ対応

ソフトスパイクシューズ(金属スパイク不可) 最近のゴルフシューズをソールの違いで分けると、プラスチック製の鋲(びょう)が付いている「ソフトスパ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 雨のゴルフ

急に降り出す雨に備える

ニュージーランドの変わりやすい天気に備える ニュージーランドに特定の雨期はありませんが、年間通して(どの季節でも)、雨が降る可能性はあります。...

ニュージーランド ゴルフの特徴 ショップ

ゴルフ用品の種類が少ない

限られたブランド・グッズ ニュージーランドのプロショップ(受付エリア)では、主要ブランドの用品(ボールや手袋)が販売されています。 し...

ニュージーランド ゴルフの特徴 鉛筆

鉛筆やマーカーは有料

ニュージーランドはエコ方針 ゴルフ場でスコアカードは自由に受け取ることができますが、スコアカードに記入するための鉛筆やボールペンは、日本のゴル...

ニュージーランド ゴルフの特徴 軽食

18ホール通しのプレー

軽食があると便利 日本のゴルフ場では、9ホールプレー後に、ランチ休憩があり、その後に後半9ホールをプレーするパターンが多いと思います。 ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 カフェ

カフェやレストランでの軽食

プレー後の歓談タイム ゴルフ場のクラブハウスには、カフェ(またはレストラン)やバーが併設されています。 アルコールやソフトドリンクは、...

ニュージーランド ゴルフの特徴 セルフプレー

セルフプレーでのコース判断

キャディさんはいません ニュージーランドのゴルフ場は、基本的にキャディさんが同行しない(いない)セルフプレーです(タライティは、キャディさんが...

ニュージーランド ゴルフの特徴 メートル表示

コース距離はメートル表示

1.1倍すると、ヤード表示 ニュージーランドのゴルフ場は、ホール距離をヤード(Yard)ではなく、メートル(Metre)で表示しています。その...

ニュージーランド ゴルフの特徴 トイレ

茶店はありませんが、トイレは利用できます

ドリンクはスタート前に準備 日本のゴルフ場では、ホール間に茶店など休憩エリアが用意されていますが、ニュージーランドのゴルフ場には、そういった休...

ニュージーランド ゴルフの特徴 シャワー

大浴場はなく、シャワーを利用

シャワーを利用できます ニュージーランドのゴルフ場にはお風呂がありません。 しかし、クラブハウス内のロッカールームにあるシャワーコーナ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 エチケット

目土・グリーン修復など、エチケットは大切に

ディボットやピッチマークを直す フェアウェイからボールを打った後のターフを戻すことやディボットに目土をすること、またグリーン上でのピッチマーク...

ニュージーランド ゴルフの事情

ニュージーランドのゴルフ事情(まとめ)

セルフプレーが基本精神 ニュージーランドのゴルフ場を多く見て感じることは、日本のゴルフ場のほうがプレイヤーの立場に立った必要なものが提供されて...


ニュージーランドゴルフナビゲーターへのお問合せ

ニュージーランドのゴルフのことならニュージーランド在住12年のゴルフナビゲーター佐井恭司(さい・きょうじ)にお任せください。ゴルフ場予約やゴルフ場への往復送迎はもちろん、ご希望の滞在日数にあわせたオーダーメイドプラン作成、オークランドでの同行プレーもサポートしております。

ニュージーランド ゴルフガイドブック

関連する記事