ニュージーランドゴルフの特徴

紫外線対策

ニュージーランドの紫外線は日本よりも強い

ニュージーランドで太陽にさらされながら数時間過ごしていると、あっという間に日焼けします。もちろん、ゴルフ場でも同様です。日焼け止めクリームをつけなかったために、顔が真っ赤になったり、腕に水ぶくれができてかゆみが生じたり、シャワーを浴びられないくらい首まわりが痛かったりと、いろいろな悪影響が起こります。

日本と違って、日焼けでこのようなことが生じてしまう原因は、ニュージーランドの紫外線量の多さにあります。

ニュージーランドの紫外線量

ニュージーランド 紫外線地上に到達する紫外線の量は、オゾン量によって変化します。つまり、オゾンホールが拡大している南極に近いニュージーランドやオーストラリアは、オゾン量が減少しているため、反比例して紫外線量が増加し、そのことが大きな問題となっています。

ゴルフ場などで太陽に長時間さらされていると、紫外線が皮膚や目、免疫力などに急性または慢性の疾患を引き起こす可能性があります。例えば、オゾン量が1%減少すると、皮膚がんの発症は2%増加、白内障の発症は0.6~0.8%増加するといわれています。

実際、紫外線に弱い皮膚を持つ白人が人口の多数を占めるニュージーランドでは、世界で皮膚ガンの発生率が最も高い国のひとつとなっています。日本人は黄色人種ですので、皮膚がんにはなりにくいと考えられますが、少しは気になるところ、しっかりと対策をしておきたいものです。

紫外線の強い時間帯と対策

下記グラフは、ニュージーランドでの2月の紫外線インデックス数値を示したものです。

ニュージーランドの紫外線対策

天候によって数値の違いはあるものの、ゴルフをしているであろう午前11時から午後4時までの日中5時間が、中(moderate)~高(high)レベルとなっています。

ニュージーランド ゴルフの特徴 日焼け止めクリーム帽子やサングラスはもちろん、SPF+15以上のサンスクリーム(日焼け止めクリーム)の使用が薦められています。ニュージーランドのゴルフ場では、日焼け止めクリームが用意されているところも多いです。

さらに高(high)レベルの時間帯では、目や肌へのダメージが考えられますので、それらの使用はもちろんのこと、紫外線を通しにくい濃い色の服(白色は紫外線を通しやすいので、黒に近い色のほうが正解)を着たり、紫外線カットウエアなどを着たりして、備えましょう。

紫外線や乾燥が原因で、肌はシワやシミ、くすみ、肌荒れといった症状を引き起こします。ゴルフ後のケアをきちんと行うことで、お肌をしっかりと守りましょう。

「ニュージーランドゴルフの特徴」その他の記事一覧

ニュージーランドの気候と気温

ニュージーランドの気候と服装のアドバイス

ニュージーランドは南半球 ニュージーランドは南半球であるため、日本とは反対の季節です。つまり、日本が夏の時期はニュージーランドが冬の時期、日本...

ニュージーランド ゴルフの特徴 レンタルゴルフクラブ

レンタルゴルフクラブ事情

ゴルフクラブを持って来なくてもゴルフはできる! ニュージーランドでゴルフをしようとお考えの場合、日本からゴルフクラブを持ってくるのではなく、ニ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 カート

乗用カートと手引きカート

プレイヤーで異なるカート利用のスタイル ニュージーランドのゴルファーは、手押しカートや手引きカート(Push cart/Trundler)でプ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 靴裏の清掃

持参される靴はお手入れ必須

ニュージーランドの厳しい検疫対策 ゴルフクラブやゴルフシューズは、あらかじめきれいに洗い、芝や泥がついていない新品に近い状態でニュージーランド...

ニュージーランド ゴルフの特徴 スパイクレスシューズ

スパイクレスシューズ対応

スパイク→スパイクレス ニュージーランドのほとんどのゴルフ場で、靴はスパイクレス(ソフトスパイク)が指定されています。 スパイクシュー...

ニュージーランド ゴルフの特徴 雨のゴルフ

急に降り出す雨に備える

ニュージーランドの変わりやすい天気に備える ニュージーランドに特定の雨期はありませんが、年間通して(どの季節でも)、雨が降る可能性はあります。...

ニュージーランド ゴルフの特徴 ショップ

ゴルフ用品の種類が少ない

限られたブランド・グッズ ニュージーランドのプロショップ(受付エリア)では、主要ブランドの用品(ボールや手袋)が販売されています。 し...

ニュージーランド ゴルフの特徴 鉛筆

鉛筆やマーカーは有料

ニュージーランドはエコ方針 ゴルフ場でスコアカードは自由に受け取ることができますが、スコアカードに記入するための鉛筆やボールペンは、日本のゴル...

ニュージーランド ゴルフの特徴 軽食

18ホール通しのプレー

軽食があると便利 日本のゴルフ場では、9ホールプレー後に、ランチ休憩があり、その後に後半9ホールをプレーするパターンが多いと思います。 ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 カフェ

カフェやレストランでの軽食

プレー後の歓談タイム ゴルフ場のクラブハウスには、カフェ(またはレストラン)やバーが併設されています。 アルコールやソフトドリンクは、...

ニュージーランド ゴルフの特徴 セルフプレー

セルフプレーでのコース判断

キャディさんはいません ニュージーランドのゴルフ場は、基本的にキャディさんが同行しない(いない)セルフプレーです(タライティは、キャディさんが...

ニュージーランド ゴルフの特徴 メートル表示

コース距離はメートル表示

1.1倍すると、ヤード表示 ニュージーランドのゴルフ場は、ホール距離をヤード(Yard)ではなく、メートル(Metre)で表示しています。その...

ニュージーランド ゴルフの特徴 トイレ

茶店はありませんが、トイレは利用できます

ドリンクはスタート前に準備 日本のゴルフ場では、ホール間に茶店など休憩エリアが用意されていますが、ニュージーランドのゴルフ場には、そういった休...

ニュージーランド ゴルフの特徴 シャワー

大浴場はなく、シャワーを利用

シャワーを利用できます ニュージーランドのゴルフ場にはお風呂がありません。 しかし、クラブハウス内のロッカールームにあるシャワーコーナ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 エチケット

目土・グリーン修復など、エチケットは大切に

ディボットやピッチマークを直す フェアウェイからボールを打った後のターフを戻すことやディボットに目土をすること、またグリーン上でのピッチマーク...

ニュージーランド ゴルフの事情

ニュージーランドのゴルフ事情(まとめ)

セルフプレーが基本精神 ニュージーランドのゴルフ場を多く見て感じることは、日本のゴルフ場のほうがプレイヤーの立場に立った必要なものが提供されて...


ニュージーランドゴルフナビゲーターへのお問合せ

ニュージーランドのゴルフのことならニュージーランド在住12年のゴルフナビゲーター佐井恭司(さい・きょうじ)にお任せください。ゴルフ場予約やゴルフ場への往復送迎はもちろん、ご希望の滞在日数にあわせたオーダーメイドプラン作成、オークランドでの同行プレーもサポートしております。

ニュージーランド ゴルフガイドブック

関連する記事