ニュージーランドゴルフの特徴

NZeTA – 「ETA(電子渡航認証)」と「IVL(国際観光税)」

2019年10月1日からニュージーランド渡航に必要となりました。

ニュージーランド 入国 観光 NZeTA

2019年10月からニュージーランドへの入国に際しては、『NZeTA(電子渡航認証)』が必須となりました。また、IVL(国際観光税)が課せられることになっています。ニュージーランド政府が発表したこの新制度がどのようなものか、そして、取得方法についてご案内いたします。

ニュージーランド観光に必要な『NZeTA(電子渡航認証)』とは?

『NZeTA』とは、New Zealand Electronic Travel Authorityの略称で、2019年10月以降、ニュージーランドへの入国に必要とされる電子渡航認証です。渡航者の情報を事前に把握することで国境通過にかかる時間を短縮し、国境の警備を強化するのが導入の目的です。

NZeTAの対象者

・日本を含むビザ免除国およびトランジットビザ免除国のパスポートを所持したニュージーランドへの訪問者(※乗り継ぎでオークランド空港を経由する場合も対象)
・クルーズ船の乗客(※国籍問わず)
・オーストラリアの永住者(※オーストラリア国民は除く)
で、3ヶ月以内の観光であっても、ニュージーランドへ入国する場合は同認証の取得が義務付けられます。

ニュージーランド渡航前の取得

もし、『NZeTA(電子渡航認証)』がない場合、飛行機の搭乗を断られることやニュージーランドへの入国を拒否される場合もありますので、必ずご渡航前の取得をお勧めいたします。

ニュージーランドゴルフプランお申し込み完了のお客様には、NZeTA申請方法の資料をお渡ししております。

NZeTA(電子渡航認証)の申請方法

NZeTA(電子渡航認証)の申請方法は、専用アプリとオンライン(PC)の2通り。それぞれ申請料金が異なります。

オンライン(PC)で申請 12NZD(約800~900円)
専用アプリで申請 9NZD(約600~700円)

詳しくは、ニュージーランド移民局の公式サイトで確認することができます。

【ニュージーランド移民局の公式サイト】
https://www.immigration.govt.nz/

IVL(国際観光税)の同時申請

ニュージーランド 入国 観光 NZeTA 2NZeTA(電子渡航認証)と同時に、『IVL(国際観光税)』の支払いも必要となっています。

さて、ニュージーランド初導入となるNZeTA(電子渡航認証)ですが、NZeTAと同時に『IVL(国際観光税)』が課せられます。

IVL(国際観光税)については、NZeTA(電子渡航認証)と同時に申請するシステムで、一人につき35NZD(約2,300円)が徴収されます。乗り継ぎでニュージーランドを経由する場合でも必要となります。

尚、ニュージーランド政府はIVL(国際観光税)に関して、旅行者のための観光インフラの整備と自然環境保護のために役立てると発表しています。

有効期限とパスポート確認

NZeTA、IVLともに有効期限は2年間。承認手続きにはおよそ72時間かかるため、ご渡航前にゆとりをもって取得されることをおすすめします。

パスポート残存期間

ニュージーランド 基本情報 パスポートまた、NZeTAやIVLの手続きと併せて、パスポートの残存期間を確認することもお忘れなく。現在、ニュージーランドへの入国に際しては、パスポートに残存期間が「滞在日数プラス3ヶ月以上あること」が条件とされています。

入国についての詳細は、以下のニュージーランド政府観光局公式サイトでもご確認ください。
https://www.newzealand.com/

「ニュージーランドゴルフの特徴」その他の記事一覧

ニュージーランド 基本情報

ニュージーランドの基本情報

平均気温・降水量・服装(北島) ニュージーランドは、国土が海に囲まれているため、一年を通じての寒暖の差はそれほどありませ...

ニュージーランド入国と検疫について

入国に際して ニュージーランドの玄関口、オークランド空港国際線ターミナルに飛行機で到着し、ターミナルへ移動後、入国審査の...

ニュージーランドでの紫外線対策

紫外線対策

ニュージーランドの紫外線は日本よりも強い ニュージーランドで太陽にさらされながら数時間過ごしていると、あっという間に日焼けします。もちろん、ゴ...

ニュージーランドの気候と気温

ニュージーランドの気候と服装アドバイス

ニュージーランドは南半球 ニュージーランドは南半球であるため、日本とは反対の季節です。つまり、日本が夏の時期はニュージー...

ニュージーランド ゴルフの特徴 レンタルゴルフクラブ

レンタルゴルフクラブ事情

ゴルフクラブを持って来なくてもゴルフはできる! ニュージーランドでゴルフをしようとお考えの場合、日本からゴルフクラブを持ってくるのではなく、ニ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 カート

乗用カートと手引きカート

プレイヤーで異なるカート利用のスタイル ニュージーランドのゴルファーは、手押しカートや手引きカート(Push cart/Trundler)でプ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 靴裏の清掃

持参される靴はお手入れ必須

ニュージーランドの厳しい検疫対策 ゴルフクラブやゴルフシューズは、あらかじめきれいに洗い、芝や泥がついていない新品に近い状態でニュージーランド...

ニュージーランド ゴルフの特徴 スパイクレスシューズ

ソフトスパイクシューズ対応

ソフトスパイクシューズ(金属スパイク不可) 最近のゴルフシューズをソールの違いで分けると、プラスチック製の鋲(びょう)が付いている「ソフトスパ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 雨のゴルフ

急に降り出す雨に備える

ニュージーランドの変わりやすい天気に備える ニュージーランドに特定の雨期はありませんが、年間通して(どの季節でも)、雨が降る可能性はあります。...

ニュージーランド ゴルフの特徴 ショップ

ゴルフ用品の種類が少ない

限られたブランド・グッズ ニュージーランドのプロショップ(受付エリア)では、主要ブランドの用品(ボールや手袋)が販売されています。 し...

ニュージーランド ゴルフの特徴 鉛筆

鉛筆やマーカーは有料

ニュージーランドはエコ方針 ゴルフ場でスコアカードは自由に受け取ることができますが、スコアカードに記入するための鉛筆やボールペンは、日本のゴル...

ニュージーランド ゴルフの特徴 軽食

18ホール通しのプレー

軽食があると便利 日本のゴルフ場では、9ホールプレー後に、ランチ休憩があり、その後に後半9ホールをプレーするパターンが多いと思います。 ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 カフェ

カフェやレストランでの軽食

プレー後の歓談タイム ゴルフ場のクラブハウスには、カフェ(またはレストラン)やバーが併設されています。 アルコールやソフトドリンクは、...

ニュージーランド ゴルフの特徴 セルフプレー

セルフプレーでのコース判断

キャディさんはいません ニュージーランドのゴルフ場は、基本的にキャディさんが同行しない(いない)セルフプレーです(タライティは、キャディさんが...

ニュージーランド ゴルフの特徴 メートル表示

コース距離はメートル表示

1.1倍すると、ヤード表示 ニュージーランドのゴルフ場は、ホール距離をヤード(Yard)ではなく、メートル(Metre)で表示しています。その...

ニュージーランド ゴルフの特徴 トイレ

茶店はありませんが、トイレは利用できます

ドリンクはスタート前に準備 日本のゴルフ場では、ホール間に茶店など休憩エリアが用意されていますが、ニュージーランドのゴルフ場には、そういった休...

ニュージーランド ゴルフの特徴 シャワー

大浴場はなく、シャワーを利用

シャワーを利用できます ニュージーランドのゴルフ場にはお風呂がありません。 しかし、クラブハウス内のロッカールームにあるシャワーコーナ...

ニュージーランド ゴルフの特徴 エチケット

目土・グリーン修復など、エチケットは大切に

ディボットやピッチマークを直す フェアウェイからボールを打った後のターフを戻すことやディボットに目土をすること、またグリーン上でのピッチマーク...

ニュージーランド ゴルフの事情

ニュージーランドのゴルフ事情(まとめ)

セルフプレーが基本精神 ニュージーランドのゴルフ場を多く見て感じることは、日本のゴルフ場のほうがプレイヤーの立場に立った必要なものが提供されて...


ニュージーランドゴルフナビゲーターへのお問合せ

ニュージーランドのゴルフのことならニュージーランド在住12年のゴルフナビゲーター佐井恭司(さい・きょうじ)にお任せください。ゴルフ場予約やゴルフ場への往復送迎はもちろん、ご希望の滞在日数にあわせたオーダーメイドプラン作成、オークランドでの同行プレーもサポートしております。

ニュージーランド ゴルフガイドブック

関連する記事